2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09











スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【前準備_03】 ゴールドとカネの錬金術

■スターアライアンスゴールド会員になろう!

○「優先権」という単語の甘美な響き

今回私達が大量に貯めこみ利用するに至ったのは、ANAのマイルでした。
国内線はANA、国際線・アメリカ内移動は提携のユナイテッド航空を利用。
これらの提携関係は、「スターアライアンス」というグループによるものです。

スターアライアンスには会員ランクがあり、ランクに応じ特典があります。
条件を満たしてゴールド会員になれば、以下のような特典が得られました。
 ・空港での優先チェックイン(会員限定の専用窓口の利用可)
 ・優先搭乗(搭乗案内で最初の方に会員呼び出し)
 ・手荷物取り扱いの優先(会員タグ付けてもらって到着時早く出てくる)
 ・空港ラウンジへのアクセス(会員等一部の人のみ利用可)

こんな感じでとにかく「優先権」が得られる、魔法のステータスなのです。
しかしゴールド会員になれるのは、基本的にはたくさん飛行機に乗る人。
……後で調べてびっくりしましたが、本当にたくさん乗らないとなれません。

○金でゴールドを得た錬金術師・偶蹄目

せっかくの海外旅行、少しでも快適に過ごしたいと考えたのが偶蹄目。
旅行の計画と同時進行で、このゴールド会員になろうと画策してくれました。

実はユナイテッド航空には「お試し期間」的な会員体験があるのです。
他の航空会社でゴールド会員に相当する人に対する「ステータスマッチ」、
このシステムでユナイテッド航空でもプレミアゴールド会員になれるのです。
ユナイテッド航空プレミアゴールド会員=スターアライアンスゴールド会員。
期間は3ヶ月だけですが、今回の旅行だけなら十分。(条件次第で延長も可)

そして他の航空会社の中に、飛行機に乗らずとも条件を満たせる会社を発見。
「クレジットカードの作成」でゴールドメダリオン会員になれるデルタ航空です。
ゴールドカード作成審査に通り、晴れてデルタ航空のゴールド会員になった後、
ステータスマッチの申請を行い、見事ユナイテッド航空のゴールド会員に進化!
一時的とは言え、効力は正式なスターアライアンスゴールド会員と全く同じです。

一つ注意するべきなのは、デルタ航空のゴールドカードには年会費がかかること。
年会費は税抜き26,000円。つまり、お金の力で手にしたゴールド会員なのです。
しかしこのカードは入会キャンペーンも多く、それによってマイルが得られます。
私達も上手くやりくりしておそらく20,000マイルは手にすることができたようです。
そしてデルタの20,000マイルは、スカイマークの新千歳・羽田間往復に使えます。
……まさに等価交換の錬金術。こういうシステム利用ではさすがの偶蹄目かな、と。


■円からドルへの両替という名の錬金

○おのれ手数料

アメリカへ行くにあたり、必須とも言っていいのが日本円とアメリカドルの両替。
現地での決済のメインはクレジットカードですが、それでも現金は必ず使います。
日本では馴染みのないチップ、カジノでの掛け金、どちらも現金がベースです。
ひょっとしたら何らかのトラブルで、用意したカードが使えない可能性もあります。
ともあれ、アメリカがどんなクレジットカード社会であれ、現金も不可欠なのでした。

円から円への両替とは異なり、円ドル・ドル円の両替には手数料がかかります。
レートの額面通りにお金は動かず、しかも両替の場所によって手数料も変わります。
アメリカよりも日本で、空港の両替所よりも銀行で、より安い手数料で両替できます。
用意する現金が高額なほど、1ドルあたりいくらで計算する手数料の影響も大。
……どう考えてもやっぱり、なるべく手数料をかけずに両替したいものですよね。

○FXはコワクナイ、コワクナイヨー!

今回活躍したのが、オンラインFX『マネーパートナーズ』の口座経由での両替です。
FXと聞くと、「損しそうで怖い」「仕組みがわからず不安」と思う人もいるのかな。
とっても雑に説明すると、FXっていうのは資産で両替を繰り返す取引なのです。
利益を出そうとすると、為替レートの動きに神経を磨り減らさなければなりません。
前の両替より割良く両替しないと、お金を交換するたびに目減りしますからね……。
裏を返すと、1回きりの両替ならその時のレートで納得できればそれでいいわけで。
何度も両替を繰り返すためか、FXは両替時の手数料がとても安くなっています。
今回の旅行では、私達もこのマネーパートナーズの口座を使ってドルを買いました。

マネーパートナーズの利点は、オンラインで買った外貨を空港で受け取れることです。
FX口座を作るという敷居の高さはあれど、口座作成・維持は無料なのも重要かな。
受取手数料として別途500円がかかりますが、それでも銀行手数料よりも安いです。
紙幣がバランス良く揃った100・500・1,000ドルの3種類のパックが用意されています。
今回私達は500ドルパックを2つ・1,000ドルパックを1つの計2,000ドルを注文しました。

IMG_8280.jpg


■概ね準備もできたところで

○次回更新、ようやく出発します

アメリカ旅行記といいつつ、ぐねぐねと前準備について書き連ねてしまいました。
ただ、このブログ記事は備忘録としての側面も備えているのは既に説明済み。
準備の段階からあれこれ情報収集して楽しんでいた私達の足跡を残しました。
旅行記中でも触れますが、ゴールド会員になれたことは想像以上に重要でした。
事前準備から力を入れて臨んだ、初めて二人で挑む海外旅行……お楽しみに!
[ 2016/09/26 22:26 ] 2016年アメリカ旅行 | TB(0) | CM(2)

お金は大事ですもんねー。錬金術素晴らしいです。
ゴールド会員の話はこれからも来そうですが、
両替を頑張ったことで大体どれくらいの恩恵を受けられた感ありますかね???(*・ω・)
目安は何も考えずに両替した場合と比較した場合で(=゚ω゚)参考にしたいです。
[ 2016/09/27 22:57 ] [ 編集 ]

多分大体合ってるはず……!

いつもくぼさんが感想をくださるの、本当に嬉しくてたまりません!

普通の銀行でドルを買う場合の手数料は、概ね1ドルあたり3円のようです。
ちみっと割引があったりもするようなので、1ドル2.7円で計算しましょうか。
今回私達は2,000ドル用意したので、両替手数料は5,400円になりそうです。

マネーパートナーズの手数料がいくらだったかきちんと確認してませんが、
今サイトを見た感じ、おそらく1ドル0.3円だったのかなと推測します。
同じく2,000ドル用意+受取手数料500円で、計1,100円になりそうです。

両替の一手間で差額は4,300円。あとは事前準備との兼ね合いでご判断をっ。
偶蹄目は既に口座を持っていたので、事前準備は入金・両替・申請だけかと。
[ 2016/09/27 23:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whitelupin.blog.fc2.com/tb.php/33-059250f5


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。