2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11











スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ネコのゆうしゃモナカのぼうけん』感想(※ネタバレなし)

【2013.10.02記事作成】

■イベント概要

20130923_01.jpg

ネコのゆうしゃモナカのぼうけん(NowRevent公式サイト)
主催:NowRevent/カフェ・クラッセ 代官山
会場:カフェ・クラッセ 代官山
メニュー料金:1000円(ソフトドリンクセット)

クリアまでの所要時間:20分
チーム形式:任意チームの個人戦


■よかった

○小さくて可愛らしいモナカを取り巻く世界観
A5サイズの小さな絵本の中に、温かい謎と物語がいっぱい詰まっていました!
鉛筆で描かれた優しいタッチのイラストが、モナカの一生懸命な冒険を紡ぎ、
物語を読み進めていく間に、ほのぼのした気持ちがじんわり胸に広がります。
頑張るモナカに感情移入しちゃうからこそ、謎を解いた時の嬉しさもひとしお。
参加者への開始時の演出で、ますます絵本の世界に閉じ込められちゃいます。
短いプレイ時間の中でも、とっぷりとその世界観に浸らせてくれました。

○可愛いけれど謎はしっかり
謎の難易度だけで見るなら、かなり易寄りの内容で、概ね小問瞬殺レベルです。
ただ、ストーリーに沿った解答だとか、絵本の世界を壊さないデザインだとか、
モナカを主人公とした物語を彩ることに心を注いだ、とても素敵な内容です。
そして導き出される最後の謎は、驚きと爽快感と幸せに満ちて心がポカポカ。
ドリンク片手にオシャレなカフェでまったりというシチュエーションこそが、
この謎を楽しむ良い舞台装置であり、参加者も心に留めるべきかな、と。

○お店の雰囲気にもお食事にも大満足

20130923_02.jpg

謎そのものではありませんが、イベントを支える大切な要素の一つなので。
写真は「おちょこはん(2種セット)」、豚角煮まぶしと鯛炊き込みだったかな?
900円という値段以上にお腹も舌も気持ちも満たしてくれる一品でした。
「東京のオシャレなカフェ=お高い」という私の先入観は崩れ去りましたね。
この謎はあくまでカフェメニューなので、複数人でも注文は1つで大丈夫でした。
人数分の注文用に、ぜひ色々なメニューに挑戦してみることをオススメします。
デザートもお手頃な値段で種類もあり、少なくともスフレは美味しかったです。
店員さんも細やかな気配りをしてくれ、何かあれば気軽に声をかけられます。


■もうちょっと

○優しさがゆえに……
そうした店員さんのおそらく思いやりから、ちょっぴりネタバレされちゃったり。
最後の最後の謎を解くのに必要なモノを、本当にサラッと教えられちゃいました。
もっとも、その一言が無いと謎を解ききれないまま終わる可能性もありますし、
解法自体には全く触れられていないですし、悪気が無かったのもわかります。
ただ、問題用紙を見て、自分で一から解きたかったかなー……というのも本音。
店員さんのヒント無しでもすぐ気付いたかな? それとも結構悩んだかな?


■総括

この日は結局モナカのためだけに代官山へ足を運ぶことになったわけですが、
それを全く後悔させない、むしろこのために来てよかったと素直に思えます。
謎を解く時間だけなら約20分、件の謎次第であと少し伸びるかもしれません。
カフェの滞在時間は倍以上、謎の余韻もお食事も居心地の良さも堪能しました。
「楽しい!」は、謎が難しかったり複雑だったりすれば得られるものではない。
簡単な謎なのにとっても素敵な一時を経て、改めてそれを強く実感しました。

NowReventのイベント参加は初めてでしたが、今後も積極的に参加したいです。
前日のなぞともカフェで遊んだカップ謎も、同行者みんなでニコニコできました。
参加して楽しい雰囲気の団体は、やはり他のイベントも気になりますね。
現実的にはなかなか参加のチャンスが無いのが、なんとももどかしい限り。
スポンサーサイト
[ 2013/09/23 14:00 ] NowRevent | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。