2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11











スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『忘れさられた秘密の扉』感想(※ネタバレなし)

【2014.3.5記事作成】

■イベント概要

20140126_01.jpg

謎解きレジャスポミステリーファイル Vol.2
忘れさられた秘密の扉
(公式告知ページ)
主催:レジャスポ ビッグ東苗穂店
会場:レジャスポ ビッグ東苗穂店
参加費:無料(施設利用料金10分90円+初回のみ入会金315円)

クリアまでの所要時間:120分
チーム形式:任意チームの個人戦


■よかった

○前回からの正統進化と圧倒的物量
謎解きにおける理不尽さは薄らぎ、けれど安直な易化もさせず、
知識を問わない閃き重視で、全体的な質も向上していたと感じました。
結構癖のある独特の小問ですが、ちゃんと閃けるし閃けたらスッキリ。
そして何より、とにかく工程数がとっても多くて遊び応え十分です。
面倒をさせられるわけでなく、単純に謎解きと向き合う時間だけなので、
所要時間が増えたことを気分良くプラスにとらえることができました。

○今回も徹頭徹尾おもてなし
前回同様に、謎解きイベントを受け持つ「おもてなし係」がいます。
他のお仕事をしつつ、チェックポイント付近をこまめに巡回・声かけ。
見当たらない時も、他のスタッフにお願いすれば快く呼び出してくれます。
休日の予想外の混雑による入場遅れも、柔軟に対応していただき感謝。
また、今回は希望に応じて開始時にヒントペーパーも渡してくれました。
難化+小問数大幅増を認識した、しっかりとした準備だと思います。
最後まで楽しく遊んでもらうための心配りをあちこちに感じました。

○ささやかでも全体をまとめるストーリー性
イベントとしても謎解きとしても、やっぱり物語があるとスッキリします。
大々的に世界観に没入させるようなタイプのイベントではありませんが、
前回も今回も物語をきちんと感じられるつくりになっていました。
「レジャスポならでは」を活かしたつくりは魅力的な個性だと思います。
せっかくの自前イベント、今後とも独自色を大いに利用してほしいです。


■もうちょっと

○きっともっと気持ちよくなれる
今回の正統進化を体感して、欲を出さずにはいられないのが本音です。
独自色はそのままで、より洗練された小問、より爽快な大謎を希望!
前回も今回も納得して終われましたが、ある意味想定の範囲内でした。
スッキリとまとまってはいても、ややインパクトに欠ける感もあり。
イベントの形式上使えるギミックに制限があるのも理解できますが、
よりいっそうの衝撃を受けて成功の喜びに浸りたいと思っちゃいます。

○少しだけ寂しくなったクリア後
前回あった記念撮影+成功チーム写真公開、無くなっちゃいました。
他のチームの楽しそうな写真、眺めていても面白かったんですけどね。
本筋ではない一手間なので、寂しくはあるけれど仕方ないかな、とも。
ゴール地点ではおもてなし係がカメラマンを快諾してくれますので、
かっこいいアレの前でチームの仲間と記念撮影するのをオススメです。
それと、今回は全ての配布印刷物の持ち帰りができなくなっています。
思い出として集めるのが好きな私達は、それもちょっぴり残念でした。
公演期間が長いですし、ネタバレ防止の意味合いが強いのでしょうね。


■総括

2度目のレジャスポ謎、再び良い意味で予想を裏切ってくれました。
確実に前回以上の所要時間のため、パック料金を強く勧めたいです。
早いチームでも1時間半は見ていいんじゃないかな……と思います。
閃き重視は裏を返すと閃けない時は本当に解けないってことなので、
様々なタイプの閃きに対応すべく、複数人での参加をオススメします。
成功のためにも、楽しく盛り上がるためにも、ぜひ仲間でワイワイ!

探すのが難しいものはほぼ無いのに、探索やりきった気分になります。
実際のレジャー施設の中で遊べるっていうシチュエーションの勝利。
よくよく考えてみると、他の地域でもあまり無いスタイルな気がします。
北海道における貴重な常設謎、新作も楽しいものでありますように。


スポンサーサイト
[ 2014/01/26 14:30 ] その他(北海道) | TB(0) | CM(0)

『退屈で退屈で死にそうな私の救出』感想(※ネタバレなし)

【2013.10.16記事作成】

■イベント概要

20130926_01.jpg

謎解きレジャスポミステリーファイル Vol.1
退屈で退屈で死にそうな私の救出
(公式告知ページ)
主催:レジャスポ ビッグ東苗穂店
会場:レジャスポ ビッグ東苗穂店
参加費:無料(施設利用料金10分90円+初回のみ入会金315円)

クリアまでの所要時間:80分
チーム形式:任意チームの個人戦


■よかった

○基本は大きく外さないが独特で新鮮な謎
経験豊富なイベント主催団体の謎は、大きな説得力を持ち洗練されています。
そしてその団体の色というか、「~っぽい謎」が大なり小なりあると思います。
聞くところによると、今回参加したレジャスポ謎は内部スタッフ制作とのこと。
確かに荒削りだったり舌足らずだったり、洗練されていない箇所もありました。
それでも謎解きイベントとしての面白さの基本的な枠組みを外すことはなく、
他とはまた違った印象の、独特な雰囲気を持つ謎を楽しむことができました。

○ワクワクと横道への誘惑に満ちた探索
基本的に目的地へのヒントが提示され、内容の過不足は感じませんでした。
にも関わらず、意外に目標を見つけることができないんですよねえ……。
もちろん私達は探索下手というのが大きく関係しているのも自明です。
それと同じくらい、とにかく興味をひく物が各所にあふれているのです。
店内を普通に歩くだけで目移りするのに、そこへ探索という破壊力たるや。
集中力は奪われ放題、ともすれば謎解きを一休みして遊びたくなっちゃう。
空間にいること自体が楽しいと、ストレスもあまり感じないものですね。
あれこれ遊べる屋内レジャー施設という強みを最大限に活かしてました。

○スタッフのおもてなし精神
平日夜の随時開始で、最初から最後まで担当スタッフが一人つきました。
参加者以外のお客さんもいる中、そちらの業務も通常通りこなしつつ、
決して狭くはない会場内をこまめに巡回して声かけしてくれました。
進行状況の確認、楽しみを阻害しない適切なヒント、GMとしての役回り、
「おもてなし係」と銘打たれた立場をよく表した仕事ぶりだと思います。
他の参加者の話を聞くと当たり外れも大きいような気配ではありますが、
少なくとも私達の参加回のスタッフには感謝の気持ちを抱いています。
クリア後の準備で急いだ結果転んでしまった方、あの後大丈夫でしたか?
あなたのおかげで私達はとても楽しく無事にイベントクリアができました。


■もうちょっと

○より洗練された謎に期待
あくまで謎解きイベントなので、その面白さの大きな要素は謎そのもの。
大謎の爽快感やオチの説得力は十分だし、いい感じの小問もありました。
しかし玉石混交なのは否めず、内容・構成・表現にスッキリしない謎も。
全体としては満足できるレベルなので、素直にさらなる向上に期待します。

○提示されるヒントの妥当性
いくつかの小問に、問題文に添える形で短いヒントも提示されています。
率直に言って、機能していない、役に立たないヒントが多かったです。
ヒントそのものがよくわからない謎になってしまっているような印象で、
現実として問題は解けたのにヒントがわからないままのものがいくつか。
問題を解かせるためのものなら、いっそ開き直ってもっとわかりやすく、
そうでなければかえってヒントは問題文に記載しなくていいと思いました。


■総括

まだこなれていない・手探りの状態なのが身をもって感じられつつも、
面白くしたい・楽しんでもらいたいという運営側の意図も同時に伝わり、
良い意味で予想外の、大変ワクワクで遊び甲斐のあるイベントでした。
レジャー施設らしく、友人・家族のグループでいっそう盛り上がれるかと。
気軽にヒントを頼める雰囲気で、初心者へのフォローも問題無さそう。

時間はそれなりにかかるので、できるだけパック料金の利用をオススメ。
私達は2時間+隣の温泉施設+αで1500円のプランでの参加でした。
3時間パックを利用して、時間が余ったら色々遊ぶのがいいと思います。
ちなみに私が大好きなのはセグウェイとトランポリンとレトロゲームです。

今回のイベントはVol.1とのこと、冬を控えてVol.2の開催が待ち遠しい。
全天候型の室内レジャー施設は、探索型謎解きとの相性が抜群です。
今後ともさらに謎にも磨きをかけて、良い所はもっと素敵になるように、
ゆくゆくは北海道で安心して参加できる常設謎解きを目指してほしいです。
[ 2013/09/26 20:00 ] その他(北海道) | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。