2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11











スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『さっぽろテレビ塔からの脱出』感想(※ネタバレなし)

【2014.4.21記事作成】

■イベント概要

20140406_01.jpg

さっぽろテレビ塔からの脱出(公式告知ページ)
主催:トムソーヤ/さっぽろテレビ塔
会場:さっぽろテレビ塔
チケット価格:2000円

制限時間:60分
チーム形式:1卓6人のチーム戦


■よかった

○経験者ほど引っかかりそうなミスリード
今回の大謎が解けたのは、同卓の謎解き初挑戦の方のおかげ。
悔しいですが、普段は心強く頼りになる私の仲間の力だけでは、
脱出の一歩手前で爆弾魔の悪意に屈してしまっていたでしょう。
何か特別難しいことや理不尽なことをされたわけでもありません。
むしろ蓋を開けてみれば、求められていたのは至ってシンプル。
なのに謎解きの経験が多ければ多いほど、自ら深みにはまり、
勝手にありもしない答えを求めてさまよい始めてしまうのです。
……してやられましたが、それって実に良い構成だと思います。

○贅沢に使われる観光名所
誰でもが知っている「さっぽろテレビ塔」が舞台の謎解きなうえに、
設定もシチュエーションも「やってみたい!」を上手く形にしていて、
常時ドキドキワクワクしながら、爆弾解体の任務に取り組めました。
当日中イベント半券で有料の展望台に上がれるのも良かったです。
他の観光地同様、札幌市民はあえてテレビ塔に行く機会も少なく、
もちろん私もこの日まで展望台へ上がったことはありませんでした。
時に謎と密接に絡みつつ、テレビ塔の魅力を確認・堪能できました。

○スムーズな進行の意図が伝わるスタッフ対応
参加が完売回だったこともあり、とにかく参加者が多かったです。
それを見越して上手く先回りした準備を実感できた箇所が多く、
効率的なチェックポイント、移動の待ち時間減への声かけなど、
スタッフの対応がスムーズな進行に直結していたと思います。
また、謎解きの進行についても丁寧に経過観察をしていてくれて、
露骨にならない範囲ですべきことの指針を与えてくれることも。
今それをしても取り返しがつくらしい、最終局面にいるらしい等は、
チェックポイントスタッフとのやり取りのおかげで確認できました。


■もうちょっと

○少々わかりにくさを伴う道筋
決して悪い構成ではありませんが、綺麗な一筋ではなかったかも。
と言うのも、参加回の成功3チーム中、正規のクリアは私達だけ。
複雑な工程ではないんですけどね……なんとも難しいところです。
詰まると試行錯誤しちゃう→後の手順の突破口に気付いちゃう
……というようなことが起こり得てしまったのかなと思います。
最後の謎でなかなか気付けないのも、これに因るかもしれません。

○覚悟はしていたけれど……
「それをさせるんだ!」という驚きを守るためでもあるんでしょうが、
大停電の時にサイト内にあったような注意書きが欲しかったです。
苦手なことを覚悟したり、あるいは回避できるかを確認したり、
そういう情報が一つあるだけでも、幾分心構えは変わります。
きっとやるんだろうなとは察していても、怖いものは怖いんです!


■総括

ついにテレビ塔が謎解きの舞台となったのが感慨深かったです。
会場の魅力とトムソーヤらしさが随所に光る楽しい公演でした。
爆弾解体のお約束を押さえたド定番のシチュエーションも、
ゴールは見える気がするのにたどり着けないもどかしさとなり、
むしろベタな展開だからこそ、余計に頭を悩ませてくれました。

トムソーヤの公演としては珍しい完売回も複数出ていました。
北海道でも謎解きイベントの人気は確実に高まっています。
私達4人組と同卓した2人組は、もともと5人組だったとのことで、
今後グループで参加する際の人数合わせが難しくなりそうです。

今回は何と言っても「成功したけど心底悔しい!」に尽きます。
チームの経験者全員、最後の謎の核心には気付けなかったです。
久しぶりに残り時間に追われる絶望感を味わう羽目になりました。
慣れてきたからこそ陥る先入観、こんな落とし穴もあるんですね。
でも、初めましての初めての方がチームのMVPになれるのも、
楽しい謎解きイベントとして大切な要素だな、とも感じました。
知識や経験に左右されず、誰にでも活躍できるチャンスがある。
そんなイベントが、これからさらに謎解き好きを増やすのかな、と。


スポンサーサイト
[ 2014/04/06 14:00 ] トムソーヤ/HRM | TB(0) | CM(0)

『漫画迷宮からの脱出』感想(※ネタバレなし)

【2014.3.19記事作成】

■イベント概要

20140316_01.jpg

書泉リアルゲームブックシリーズ vol.2
漫画迷宮からの脱出
(公式告知ページ)
主催:SCRAP/書泉ブックタワー
会場:書泉ブックタワー
ゲームブック代:1260円

クリアまでの所要時間:90分
チーム形式:任意チームの個人戦


■よかった

○周遊型とは思えない難度と達成感
制限時間内に謎を解いて成否に挑むイベントを「公演型」とするなら、
このイベントは制限時間無しで探索しつつ謎を解く「周遊型」です。
これまで私は周遊型の謎解きを、時間さえかければ絶対クリアできる、
会場の雰囲気やそれに合った謎解きを楽しむものだと考えていました。
今回私は充実した謎解きをやり遂げ、その認識を打ち破られています。
ともすれば解けない人がいるのではと不安になるほど本格的な謎です。
一つずつ答えを積み重ねていくような構造は実に巧妙でワクワクします。
理不尽は無く、難しくても閃ければスッキリ、進行できたら大喜び。
最後の謎を解いた瞬間の達成感は、良質な公演型と遜色ありません。

○探して楽しい見つけて気持ち良い探索
会場となる書泉ブックタワーは、写真の通りとても大きな建物です。
……真下から仰ぐアングルでは多少離れても全景が収まりません。
その中での探索とのこと、苦手な私は最初は不安も少しはありました。
しかし実際に進めていくと、上手い具合に散りばめられたヒントの数々。
情報を読み解けたならば、ほぼ探索で詰まることはないと思います。
もっとも、その情報を読み解くにも、多少の注意力と推理力が必要。
だからこそ、目的の何かを見つけた時にちゃんと嬉しくなれるのです。
謎解きとしても魅力たっぷりですが、本屋としても面白いお店でした。
幅広い取扱ジャンル、所狭しと並ぶ色紙、横道の誘惑もたっぷりです。

○魅力的な漫画迷宮の世界
手元にあるゲームブックの中身、その名の通りもちろん漫画です。
小奇麗で精緻な絵柄に対し既視感を抱かずにはいられませんが、
率直に言うと私はむしろその作風が良い味出してると感じました。
オリジナリティはさておき、絵柄だけで敬遠されるタイプではなく、
悪い意味でのオタク臭さを感じない、万人向けの読みやすい絵。
作中でのさりげない情報の隠蔽と、それに気付いた時の説得力、
設定・物語性の付与と、十分な役割を果たしていると思います。
漫画迷宮と現実世界との橋渡しに適した良チョイスの作風でした。


■もうちょっと

○「漫画」としてのさらなる読み応えを!
「漫画迷宮からの脱出」としては、大満足な内容だと感じています。
物語としての大筋は良かったと思うので、あとは掘り下げでしょうか。
せっかくの登場人物、多少ノイズになってももっと描写が欲しかった。
人数を増やすためだけの存在になっている人物がもったいない!
せめてエピローグでそれぞれの人物に追加の描写があればなあ。


■総括

これまでに参加した周遊型のイベントの中で一番面白かったです。
そうはっきり言えてしまうほど、驚きと達成感に満ちた謎解きでした。
公演型で言うところの小問集合がそのまま探索になっただけで、
謎のつくりも難度も得られる満足度も、公演型にひけをとりません。
『漫画迷宮』と会場を上手く使った、独特の魅力に満ちた謎です。

それなりに悩みつつ止まりつつ、私達は2人で1時間半でのクリア。
謎解き好きの方なら、1.5~2.5時間あればおそらくクリアできそうです。
本気出して全力で臨むなら、1時間も狙えるのではないかと思います。
主催側のヒント対応も無いので、2・3人での参加をオススメします。
一部座れる場所が有り、イベントが無ければ休憩スペースも開放、
近くに飲食店も多いですし、詰まってもまったり作戦会議できるかと。

心から楽しかった・参加してよかったと思える、素敵なイベントです。
公演型だけが謎解きイベントではないということを再確認できました。
明確な答えを導いてスッキリと終わりを迎えられる気持ち良さは、
やっぱりSCRAPはすごいなと言わざるを得ないレベルの高さです。
開催期間が長いので、ぜひとも多くの人に遊んでもらいたいです。
気が早いとは思いつつ、こうした路線での次回作にも期待します。


[ 2014/03/16 13:30 ] SCRAP | TB(0) | CM(0)

『忘れられた実験室からの脱出』感想(※ネタバレなし)

【2014.3.28記事作成】

■イベント概要

忘れられた実験室からの脱出(公式告知ページ)
主催:SCRAP
会場:ヒミツキチラボ
チケット価格:3300円(当日券)

制限時間:60分
チーム形式:1卓6~7人のチーム戦


■よかった

○パズルガールズ
率直に言えば、私はこれまでパズルガールズに思い入れは皆無でした。
今でも全然お顔もお名前もわからず、多分これからもこんな調子です。
それでも間違い無く、この公演はパズルガールズなくしては有り得ない、
そう心から断言できる、彼女達の魅力や強みを活かした公演でした。
公演が終わる頃には、気になるあの子ができるんじゃないかな、って。
それが誰かは人それぞれで、でもきっと、誰かがちょっぴり好きになる。

○文字通りの「物語体験」
私が参加したSCRAPの公演の中で、他に無い特異な立ち位置でした。
謎を解く参加者であると同時に、物語の作り手もまた私達自身です。
この物語は私達の手によって紡がれ、私達に様々な体験をさせます。
気付けば物語の人物の一人として振る舞う私がそこにはいました。
「世界への没入感」を超え、目の前の事象が「世界そのもの」でした。
物語の実体験への強い説得力を感じる、大変優れた演出だと思います。

○たくさんの小道具
実験室という場所の設定を、謎解きにも上手く組み込んでいました。
それっぽい小道具を使った謎が多く、卓上も賑やかな雰囲気でした。
紙と鉛筆だけでどうこうできない謎はなかなか新鮮で楽しかったです。
まさに「実験的」な謎解きをふんだんに提供してくれていたと思います。


■もうちょっと

○あと少しの一時を……
某公演でも同じこと言ってますが、もっとこの時間を過ごしたかった。
や、謎を解ききるだけなら、制限時間内で問題は無かったのですが。
愛しく悩ましい時間を、あと少しだけ味わっていたかったな……と。
贅沢な要望だとは理解していても、そう言わずにはいられないのです。


■総括

なんともぼんやりとした、そして情緒的な感想になってしまいました。
というのも、全体を通して極めて雰囲気重視の公演だったからです。
それは全く悪いことではなく、むしろ雰囲気ゲーとして最上級の公演。
しかも謎自体も巧みに構成されていて、歯応えでも満足の出来でした。
それでもこの公演を語る時には、やはり物語ありきになってしまいます。
……その物語を支える最後の鍵こそ、「謎を解く」ことなんですけどね。

多くを語りすぎると野暮になってしまうので、言葉を選ぶのに疲れました。
参加して、OPでびっくりして、謎を解いて、EDで嬉しくなってほしいです。
EDの成功チーム発表は、他のどのイベントよりもニヤニヤしちゃいました。
「私達のチーム」の一体感を実感できる、素敵なご褒美をもらえた気分。

名作『マッド博士の異常な遺言状』のスピンオフ公演ではありますが、
そちらのイベントについての知識は不要、あればちょっぴりニヤリくらい。
もしマッド博士を知らないことが実験室への足を遠ざけているなら、
とってももったいないと思うので、それはそれと考えてしまって大丈夫。
逆に実験室に参加してもマッド博士の謎ネタバレ要素は皆無なので、
順序が逆になっても参加のチャンスがあればマッド博士もオススメです。

……私は、現マネージャーさんが今後も頑張ってくれればいいなあと。


[ 2014/03/15 17:30 ] SCRAP | TB(0) | CM(0)

『伝説のゲームセンターからの脱出』感想(※ネタバレなし)

【2014.4.8記事作成】

■イベント概要

20140315_01.jpg

伝説のゲームセンターからの脱出(公式サイト)
主催:SCRAP/TAITO
会場:横濱はじめて物語
1プレイ料金:500円

クリアまでの所要時間:60分(3プレイ+プレイ間インターバル)
チーム形式:任意チームの個人戦


■よかった

○レトロゲーム感を前面に押し出したビジュアル
古くからアーケードゲームに取り組んできたTAITOだから許される、
持ち得る資産を存分に活用した演出に、激しく胸ときめきました。
私のようなレトロゲーム好きは、あちこちで「おっ」とさせられます。
最初に会場内に足を踏み入れた時に感じたワクワクした気持ちも、
全て長い歴史と実績があってこそと納得できるものだと思います。

○ちゃんと「ゲームセンター」な演出
単に会場がゲームセンター内というだけにとどまらない謎です。
要所要所の「ゲームセンターらしさ」が、この謎解きの最大の魅力。
最後の大謎から導かれる行動も、一度はやってみたかったこと。
そうして迎えるエンディングは、グッと胸に響くものがありました。
昔も今もゲームセンターが好きな人にこそ解ききってほしいです。

○気遣いと声かけがありがたいスタッフ対応
ラスト謎付近で思いがけない、でも「あるある」なイレギュラー発生。
すぐに店員さんが「しかるべき対応」をとってくれて一安心でした。
ゲーム開始前から失敗・成功終了後に至るまで様々な配慮が見え、
大変気分良く快適に遊ぶことができ、嬉しい気持ちで終われました。
何かあればとりあえず気軽に声をかけられる雰囲気を感じられます。
SCRAPのイベントの中でも、必然的にスタッフとの距離が近い印象。


■もうちょっと

○照明はあと少し明るくても……?
決して広くはない会場なんですが、探索はなかなか嫌らしいです。
個人的な主要因はちょっぴり薄暗いこと……なのかなと思いました。
実際に探索難度を上げるため、諸々の演出をはっきりと見せるため、
そもそもの会場の設備、色々と理由は考えられるような気がします。
支障をきたすレベルではないので、あくまで私の希望の一つです。

○大謎でもう一ひねりされたい
ラスト前後の演出は心底好きで、実際のインパクトも絶大でした。
ただ、謎そのものだけで考えた時には、ちょっぴり物足りない気も。
通常公演でのいわゆる中謎程度での締めだったかなと感じました。
もっとも、時間に追われてというのが良いスパイスになっているので、
このような公演形式ならば妥当な難度設定なのかもしれませんね。


■総括

1プレイごとに規定の制限時間があり、時間が来たらいったん終了。
それまでに手に入れた情報を持ち越したまま再挑戦ができます。
いくつかの難問があり、現実的には1プレイクリアは困難でしょう。
落ち着いて作戦会議ができるスペースが近くに用意されているので、
複数回プレイを前提に、情報を揃えてじっくり検討するのをオススメ。
時間に追われる箇所と時間をかける箇所のメリハリがついてますし、
そういうスタイルで解きやすいバランスが整っていると思います。
私達は3プレイでのクリア、早い人は2プレイならあり得そうですね。

ビジュアル・演出面でのレトロゲームっぽさが、実に私の好みでした。
エンディングで感じたのは謎解き成功の達成感だけではありません。
ゲームセンターの一角にあることに大きな意味のある謎解きです。
公演型とも周遊型ともアジト型とも趣きの異なる独自性があります。
複数人でもソロでも楽しく遊べる、気軽なのにしっかりな構成です。

いつ足を運んでも遊べるシステムは、遠征民にはありがたいもの。
この春の会場数増の後には、やはり続編を期待せずにいられません。
ゲームセンターらしさを大切に組まれた今回のような魅力を守りつつ、
さらなる驚き、想像を超えるギミック、いっそうワクワクしたいです。


[ 2014/03/15 13:00 ] SCRAP | TB(0) | CM(0)

『札幌大停電からの脱出』感想(※ネタバレなし)

【2014.03.12記事作成】

■イベント概要

札幌大停電からの脱出(公式サイト)
主催:トムソーヤ/クラップスホール
会場:クラップスホール
チケット価格:1500円(別途ドリンク代500円)

制限時間:60分
チーム形式:1卓3~5人のチーム戦


■よかった

○しっかりと噛み合い連動していた演出と進行
大停電と謳っているだけあって、会場は本当にとっても暗くなりました。
限られた明るさの中で進める謎解き、その不自由さが逆にワクワクします。
謎解きの進行につれて、より危機が迫るような印象を受ける演出があり、
それが雰囲気とも謎とも上手く絡み、大いに気分を盛り上げてくれました。
想像力だけに頼らない、目の前の現実として状況を突きつけられることで、
特別な空間での特別な面白さを体験し、感じ取ることができたと思います。
会場ならではの構造が謎の構造に組み込まれていたのも好印象です。

○チームみんなで楽しく盛り上がれるような構成
イベント全体を通じ、成功に必要な方向性が多様に用意されていました。
小問もタイプは様々、探索要素や面白チャレンジギミックもありました。
そして謎解きの構造上、声かけやチームワークも重要になっています。
チーム全員に活躍のチャンスがあり、だからこそみんなで一緒に楽しい。
謎解き「イベント」としての楽しさを、チームでしっかり満喫できました。

○トムソーヤならではの安定感
変に癖も無く、シンプルでわかりやすい、解けてスッキリな謎でした。
最近の他主催の公演と比べても、難度は決して高くないと思います。
ただ、私自身は「難度が高い=満足度が高い」とは全く考えておらず、
楽しく気持ち良く遊べるなら、難度はあまり気にしていないのが本音。
私達の参加回の成功率は、全8チーム中4チームでちょうど50%です。
歯応えのあるイベントに参加したい人にはやや物足りないでしょうが、
謎解きの経験が少ない人にもオススメしやすい主催じゃないかな、と。


■もうちょっと

○最後の謎が想定の範囲内
一番最後に出てくるキーワードへのアクションを瞬殺できちゃいました。
実際の悩み所はきっとそのキーワードを出す過程だとは思うんですけど、
「おそらくこれだろう」とかなり早い段階で目星をつけられていたモノが、
そのまま最後の鍵になってしまうのは、少しもったいない気がしました。
早くに提示するのであれば、もっとさりげなくて意外性のあるモノだと、
最後の最後でよりいっそう驚くことができたんじゃないかと思います。
あるいはそれを使うにしても、最後の一つ手前くらいでの要求だったら、
最後でもう一山、何かまた別の謎で驚きを感じられたかもしれません。
はっきり言って贅沢な注文ですし、経験少ない人にはむしろアリですね。

○動線ワチャワチャ……?
幸い私達のチームは常に先陣を切っていたので被害は皆無でしたが、
途中でどうしても複数チームで動線が混み合う箇所がありました。
相談が筒抜けだとか待ち時間の発生だとか、色々気になってしまいそう。
その構造自体はとっても面白かったので、対策も難しいところですね。
小規模公演ならではのギリギリのラインを攻めた結果かもしれません。
あと少しでも公演規模が大きくなると、この構造は致命的だと思います。


■総括

平日夜の開催ということもあり、まさに大人のための謎解きイベント。
ある意味ターゲットが明確で、これはこれで良かったと感じました。
子供がいるとあそこまで大停電な演出もしづらかったかな……と。
ファミリー向けのイベントとの住み分けが上手にできた公演でした。

トムソーヤ主催の公演型イベントは、昨年9月の札幌ドーム以来。
いつもイベントの質は間違い無いので、もっと頻繁に公演があれば!
HRM時代のほぼ毎月開催を知っているだけに物足りない日々でした。
次のテレビ塔まであまり待たずに済むことが心から喜ばしいです。

派手さや華やかさとは少し違う、シンプルで堅実なつくりの謎です。
この丁寧さや安定感こそがトムソーヤの魅力だと私は考えているので、
これからも安心して初心者にもオススメできる公演であってほしいです。
今回も知人チーム4人、最後まで全力で楽しく遊ぶことができました。
最近のトムソーヤは「その場所ならでは」の扱いに配慮している様子、
テレビ塔では会場と設定をどう活かすか、今から期待しています。


[ 2014/02/26 19:00 ] トムソーヤ/HRM | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。